シヴァリー(Chivalry)、それは主に騎士道を指し、時に武士道としても使われる言葉である。
騎士道と武士道、両者はどこか似ている。強い精神をその根底に感じる。
だが、士道は魔法使いが支配する世界でも通用するのだろうか?
 これは魔法というものが絶対的な価値を持つ理不尽な世界で、士道を歩んだ者達の物語であり、その中でもアランという男の生き様に主眼を置いた大器晩成なる物語である。
(重複投稿です)

※(11/1)アルファポリスのほうでも連載しているのですが、突然「神」というタグが付けられていたのでびっくりしました。タグ機能実装と同時に、一部の作品には運営であるアルファポリスがタグを一つ付けたようです。運営に一読されたことは純粋に嬉しく、これを励みにますます頑張ろうと思いました。

※31話以降はアルファポリスにて掲載しています。
アルファポリスの検索欄に「稲田」または「稲田しんたろう」と入力すれば出てくると思います。

ページのアドレスも記載しておきます。
https://www.alphapolis.co.jp/novel/818140523/465098057


Reproduction is prohibited.
禁止私自转载、加工
(C)2018 Inada Shintarou
(↑ 中国からの無断転載対策です)

ジャンル

文芸

作家

稲田 しんたろう

キーワード
ブックマーク登録

328

文字数

517,287

評価pt

914

最終更新日

2019年05月10日 19時25分

掲載日

2013年12月07日 21時14分

この作家の更新小説