王宮の文書翻訳課で働くユアンは訳ありの翻訳家だ。元は貴族で優秀な魔法研究者であったが、仲間の裏切りにより研究者の立場を奪われ、さらに不幸は重なり事故で両親と兄を亡くし多額の借金を抱えた。平民に落ちたユアンは規則違反の副業をし、昼も夜も休みなく働く生活をしていた。
ある日、ユアンは街でエリートといわれている騎士のルーカス・エルバンと偶然出くわし、彼はユアンのことを男娼と誤解した。ユアンは副業がバレないようにと男娼のふりをしてルーカスと関係を持つことになるのだが……
第一部終了。第二部開始しました。
※週一回土曜日20時頃更新予定

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

BL

作家

雫石

ブックマーク登録

3,595

文字数

224,427

評価pt

11,643

最終更新日

2021年04月25日 21時41分

掲載日

2018年04月22日 22時02分

この作家の更新小説