「お前の能力は危険すぎる」

チートスキル《死者蘇生》を持つリヒトは、あまりの力に脅威を感じた国王から処刑されてしまう。

しかし、この時は誰も知らなかった――《死者蘇生》のスキルがリヒト自身にも適応されることを。
生きながらえたリヒトが、人類最大の敵として立ちはだかることを。

これは、復活させた魔王軍と共に、リヒトが世界を脅かしていく物語。

人間界では忌避された《死者蘇生》のスキルも、魔王軍では主力級になるほど重宝されることになりました。

ジャンル

ファンタジー

作家

はにゅう

キーワード
ブックマーク登録

9,008

文字数

41,725

評価pt

21,391

最終更新日

2019年08月23日 12時09分

掲載日

2019年08月03日 18時11分

この作家の更新小説