十月十四日
地球へと降り注いだ流星群によって人類は滅亡したかと思われた――

しかし、翌日にベッドから起き上がった戎崎零士の目に映ったのは流星群が落ちたとは思えないいつも通りの光景だった。
だが、それ以外の何もかもが違っていた。

獣のように襲い掛かってくる人間

なぜ自分が生き残ったのか

ゾンビ化した原因はなんなのか

世界がゾンビに侵されることを望んでいた戎崎零士が
世界に起きた原因を探るために動き出す――

ジャンル

ホラー

作家

化茶ぬき

キーワード
ブックマーク登録

9

文字数

183,099

評価pt

45,487

最終更新日

2020年01月14日 22時12分

掲載日

2019年08月05日 22時03分

この作家の更新小説