16世紀のフィレンツェ。彫金師のジャンニ親方は裁判官に任命され、連続殺人事件の捜査にあたることになった。しかし行く先で正体不明の男に襲われ、工房からはルビーが紛失し、ついには裁判官をクビに!? ジャンニ親方は果たして事件を解決できるのか。

雰囲気は全体的に暗めです。
1話1,500~3,000字

*本編:1話~115話(完結済)
*2018年11月、番外編(116話~)はじめました。番外編はセルフレイティングに相当する箇所はないと思いますが、下ネタ多めです。更新は不定期です。

<本編の登場人物一覧>
作中で人物のイニシャルに言及する箇所があるので綴りも載せました。

ジャンニ・モレッリ..........彫金師
Gianni Morelli

レンツォ・ディ・ジュスティーノ..........警官
Renzo di Giustino

ミケランジェロ・ヴェッルーティ..........ジャンニの徒弟
Michelangelo Velluti


【事件の関係者】
ライモンド・ロット..........公爵の法律顧問
Raimondo Lotto

アレッサンドラ..........ライモンドの妻
Alessandra

パゴロ・ボンシニョーリ..........名門貴族
Pagolo Bonsignoli

ピエロ・ランフレディ..........名門貴族
Piero Lanfredi

マウリツィオ・ランフレディ..........ピエロの息子
Maurizio Lanfredi 

エネア・リナルデスキ..........貿易商人
Enea Rinaldeschi

フェデリーコ・リナルデスキ..........エネアの息子
Federico Rinaldeschi

ヤコポ・ディ・バルトロ..........葡萄酒運搬人
Jacopo di Bartolo

ヴィート..........トレッビオのもと葡萄園管理人
Vito

ダミアーノ..........宝石仲介人
Damiano

リージ..........ジャンニの徒弟
Ligi

ラウラ..........強姦の被害者
Laura


【警察関係者】
マルカントニオ・ラプッチ..........八人委員会書記官
Marcantonio Lappucci

エットレ・リドルフィ..........警察長官
Ettore Ridolfi

バスティアーノ..........警官
Bastiano

ガブリエッロ..........警官
Gabriello

トニーノ..........八人委員会の役人
Tonino

チェスコ..........記録保管係助手
Cesco

リッポ..........八人委員会の兵
Lippo

グリフォーネ..........八人委員会の警邏隊長
Grifone


【農場の住人】
ミケーレ..........サン・ドメニコの農場管理人
Michele

ラーポ..........サン・ドメニコの彫金師
Lapo

ブルーノ..........サン・ドメニコの農夫
Bruno


【悪党たち】
ルカ..........盗人
Luca

ベルナ..........ヴァレンシアの石切職人
Berna

ビッチ..........ベルナの仲間1
Bicci

ペロ..........ベルナの仲間2
Pelo

ベルリンゴッツォ..........骨董屋の主人
Berlingozzo

ドッソ..........レンツォの情報屋
Dosso


【実在の人物】
コジモ・デ・メディチ..........フィレンツェ公爵
Cosimo de Medici

ピエルフランチェスコ・リッチョ..........宮廷執事
Pierfrancesco Riccio

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ミステリー

作家

橋本圭以

キーワード
ブックマーク登録

100

文字数

375,655

評価pt

93

最終更新日

2021年07月26日 15時20分

掲載日

2017年06月10日 17時15分

この作家の更新小説