⑴『小説家になろう狂い』・・・架空上の小説家としての狂い

小説家になろうというサイトで、架空上の小説家として、小説を書いていることに対する、幸せや苦悩。そこから発生する、長い道のりの先に、光が差すことに依拠しているという、小説的エッセイ。

⑵『小説家になろう狂い』・・・PV数(閲覧数)と評価に関する、自己内考察

PV数と評価に関する、自分の中での2つの傾向について考察した。しかし、最終目標としては、小説のスタイルを確立することであり、PV数と評価は、後から付いてくることが理想だとする、小説的エッセイ。

⑶『小説家になろう狂い』・・・速筆による文章の実効性

自分の小説の執筆方法論として、まず思いついたことをそのまま書き、その後まとめると言った形が、小説家になろうに来てからの状態だ。絵に例えるなら、偶然を必然へと塗り替えるようなものであるという、直感に任せた、速筆運動に狂っているという小説的エッセイ。

⑷『小説家になろう狂い』・・・ランキング狂い、戦争に酷似した現象

小説家になろうの、ランキングについて。作者を離れた作品は、独り歩きする、その現象が、戦争が起こる現象に酷似している。しかし、戦争とは似て非なるものである、ランキングを登っていく作品の現象は、偶然性と奇跡が傍にあるという、小説的エッセイ。

⑸『小説家になろう狂い』・・・アイデンティティの死滅の否定の場所として

芥川龍之介と志賀直哉に於ける作品執筆態度の話を持ち出して、無意識の強さと弱さについて述べ、作品内容を引っ手繰るという現象の根源について考察した。結果的には、アイデンティティが死滅しない様に、自己を確立することが良いとした、小説的エッセイ。

ジャンル

エッセイ・ノンフィクション

作家

かいわれのせか

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

6,364

評価pt

0

最終更新日

2019年08月16日 04時08分

掲載日

2019年08月12日 09時31分

この作家の更新小説