他校にも名の知れ渡る美少女、里音は男達の告白が鬱陶しいと感じ一計を案じる。それは親友の姫花に男装させ、デートすることで彼氏がいるという噂を流させようとすることだった。恋愛なんて馬鹿のすることだと信じる里音だが、姫花の男装が思っていた以上に格好良くてーーー

ジャンル

恋愛

作家

鈴華

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

10,620

評価pt

0

最終更新日

2019年08月14日 01時43分

掲載日

2019年08月14日 01時43分

この作家の更新小説