他校にも名の知れ渡る美少女、里音は男達の告白が鬱陶しいと感じ一計を案じる。それは親友の姫花に男装させ、デートすることで彼氏がいるという噂を流させようとすることだった。恋愛なんて馬鹿のすることだと信じる里音だが、姫花の男装が思っていた以上に格好良くてーーー

ジャンル

恋愛

作家

鈴華

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

10,620

評価pt

0

最終更新日

2019年08月14日 01時43分

掲載日

2019年08月14日 01時43分

この作家の更新小説

  • 友人に好きな人が出来たらしいので応援したら大変なことになった件 鈴華

    雨宮天華は美少女幼馴染の朝比奈紫乃が、告白の予行演習をしているところを目撃してしまう。天華は紫乃の恋路を応援すべく策を練るのだが、何やらおかしな雰囲気。そんな事に全く気付かない天華は地雷を生成しま...

  • ヤンデレメイドを屈服させます 鈴華

    篠崎 雛菊は他人を屈服させることで快楽を見出す異常性癖を持つ少女。そんな彼女が次のターゲットとしたのは、専属メイドのヤンデレ少女、多摩 玲。様々な下準備の末、玲を屈服させようと試みる雛菊だったが……

  • Q10000 鈴華

    昔々あるところに、絶対に死なない化け物がいました。化け物は人が大嫌いでした。だから、森の家に引きこもっていました。しかしある日、森の家の扉が叩かれました。それが、永遠に続く恋の物語の始まりでした。

  • クール義妹は私が寝てる時だけデレる 鈴華

    無表情、無愛想を地でいく美少女、小鳥遊 雫。学校でも氷姫なんて呼ばれてその冷淡な美しさを讃えられている雫だが、私と二人きりの状態で私が眠った時、普段からは考えられないようなデレ方をするのを知っている...

  • 闇精霊ちゃんは告れない 鈴華

    数百年に一度復活する邪神、それに相対するは英雄と精霊。邪神を倒した後には英雄と精霊は必ずお互いを捧げ合うと言われているーーーしかし、闇の精霊ノーニャはその限りではない。彼女は英雄の事なんて全然好き...

  • ありふれた恋愛模様 鈴華

    クラスでも貞子、地味子と揶揄される神崎詩織とひょんなことから接点を持った笹木一成は、彼女の前髪の下に隠れた驚くほど整った容姿を知ってしまう。「人と話すのがどうしても苦手で……」「友達だろ?頼ってくれ...