最近、透とは上手くいってない。今週ずっと透はぶすっとしていて、春樹に話しかけてこなかった。思い当たる原因はひとつある。
透に連れられ訪れたのは夜の学校。

春樹たちはまだ子どもで、子どもだから譲れないものがあった。

ジャンル

文芸

作家

望月諒

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

4,918

評価pt

0

最終更新日

2019年08月14日 02時23分

掲載日

2019年08月14日 02時23分

この作家の更新小説