君と僕は冬休み明けの深夜、お父さんのバイクを盗んで逃避行を始めた。高校一年生の君は「ライ麦畑に行こう」と言った。これは二人の切ない愛の物語。と思いきや最後にどんでん返しが???

この物語は最後まで読んで初めて意味がわかります。
目に入ったのならば、ぜひ、最後までお読む下さると嬉しいです。



はじまり
盗んだバイクで走りだす
ライ麦畑をさがす
僕と君の過去
終わり

8/14 十二時の本編更新 十八時に解説更新。

ジャンル

恋愛

作家

京子 計

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

10,158

評価pt

0

最終更新日

2019年08月14日 13時14分

掲載日

2019年08月14日 04時21分

この作家の更新小説