第六感と魔法が交われば、運命の歯車は逆回転を起こす────。
暖かい太陽が人々に活力と希望を与える、世界最大級の魔法使いを抱える巨大都市『ロストエンジェルス』。
そんな街にとある理由から第六感を持つ男、イリイチが転移してきた。
ロストエンジェルス中に蔓延する崇高さと愚かさ。陰謀的茶番劇。野望と独善。薄っぺらい自己愛と安っぽい現実。惨劇、悲劇、喜劇。
それらをかき分けて、今日も第六感は刹那を駆け抜ける。

文字数

94,552

評価pt

10

最終更新日

2019年10月09日 23時43分

掲載日

2019年08月14日 22時59分

この作家の更新小説