サンファレス王国の王子ヒールは、【洞窟王】という不遇な紋章を得て生まれた。
その紋章のせいで、ついには父である王によって孤島の領主に左遷させられる。
そこは当然領民もいない、草木も生えない、小さな洞窟が一つの孤島であった。

だが、ヒールが洞窟の中でピッケルを握った瞬間、【洞窟王】の紋章が発動する。
その効果は、採掘に特化し、様々な鉱石を効率よく取れるものだった。
島で取れる鉱石の中には、魔力を増やす石や、寿命を延ばすような石もあって……

ヒールはすっかり採掘に熱中し、いつのまにか最強の国家をつくりあげてしまうのであった。

文字数

67,270

評価pt

39,084

最終更新日

2019年09月19日 20時41分

掲載日

2019年09月03日 19時21分

この作家の更新小説