直前まで安酒で晩酌を楽しんでいた男は、気づいたら貴族の子供の肉体に乗り移っていた。
いきなりの事でパニックになったが、貴族の五男という気楽な立場が幸いした、魔法の才能もあった。
働く必要が無くて、憧れだった魔法の練習を毎日していたら、才能が開花して世界屈指の魔術師になってしまった。
ひたむきな努力で身につけた魔法の数々で、彼は没落予定だった実家を越える、位の高い大貴族に成り上がっていく。

ジャンル

ファンタジー

作家

三木なずな

キーワード
ブックマーク登録

21,852

文字数

49,612

評価pt

56,550

最終更新日

2019年09月20日 18時04分

掲載日

2019年09月07日 11時08分

この作家の更新小説