高山耕太と笹岡泰葉はその昔、結婚の約束をした。けれども彼らは若すぎた。
 彼女は気づけば他の男子と付き合っていて、僕は教室の隅から二人の仲むつまじい姿を見せられる毎日。しかし些細なことから、彼の前の現実が揺れ動き始めて……

ジャンル

恋愛

作家

四月一日 誠

キーワード
ブックマーク登録

25

文字数

10,918

評価pt

62

最終更新日

2019年09月19日 21時03分

掲載日

2019年09月11日 18時09分

この作家の更新小説