あらすじ(アクス王国、ジン編まで)

○マナト、転移編

 某会社に就職し、営業担当となったマナトは、どんなに努力をしても業績が実ることはなかった。

 上司からも詰め寄られる毎日。耐えられず、マナトは無断欠勤してしまう。

 精神は病み、絶望して夜の街を放浪している時、何かに強くぶつかられた。

 気がつくと草原で仰向けになっていたマナトを、ミトとラクトという2人の青年に見つけられ、とある村に連れて来られた。

 その村では、青年は行商人となって、世界中を旅して回るのだという。


○マナト、行商編

 キャラバンの村の長老に見出だされ、能力者となったマナトは、キャラバンとして行商の旅に出た。

 サライという中継地を利用しながら、目的地のアクス王国を目指す。

 他国のキャラバンとの共行、また盗賊との戦いなどを通して、このヤスリブという世界での日々に、マナトは馴染んでゆく。

 そんな中、かねてから話を聞いていた、ジンが出現したという噂を聞く。

 他国のキャラバン逹の協力も得た上で、遠征は続行。

 アクス王国にて、交易を行う。


○アクス王国、ジン編

 アクス王国の料亭で、マナトはジンの片鱗である「血を持たない」人物に遭遇してしまう。

 その一件をミトとラクトに話した瞬間、言葉を失い凍りつく2人に、改めてこのヤスリブにおける、ジンの持つ影響力を知る。

 夜、一人でジンを尾行しようとするミト。しかし、マナトとラクトに感ずかれて、3人で料亭へ。

 尾行の後、満天の星空の下で3人はジンと戦い、敗北する。



※投稿後も、ちょこちょこ手直ししながらやらせてもらってめすので、ご了承ください。。。あまりにも次の話に影響ある直しをした場合は、一度削除して作り直すようにしています。。。

ジャンル

ファンタジー

作家

じっくり

キーワード
ブックマーク登録

391

文字数

333,120

評価pt

150

最終更新日

2020年07月04日 03時09分

掲載日

2019年09月20日 11時45分

この作家の更新小説