これは、何の因果か「超次元宇宙戦闘母艦」に住むことになった二十五歳社会人が、未知の超技術に困惑しながら生活する日々の物語である。

-/-

iSF(いい加減なサイエンスフィクション)です。
読むと知能指数が下がります。
鈍文学(どんぶんがく)です。
すなわち間違っています。

※わざと誤字を混入しているので、探してみるのも良いと思います。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

121,956

評価pt

36

最終更新日

2021年06月22日 20時55分

掲載日

2019年10月03日 22時39分

この作家の更新小説