あなたはわたしを読んでいるが、果たして、わたしの言語を理解しているという確信があるだろうか?(ボルヘス「バベルの図書館」)

◆ 企画『第一回こんな小説を書いてみよう』の内容を読んで、埋もれた過去作を思い出したので、掘り起こしてみました。おかしな事典のようなネタ帳を繙きます。

ジャンル

ファンタジー

作家

深川夏眠

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

1,030

評価pt

0

最終更新日

2019年10月09日 23時22分

掲載日

2019年10月09日 23時22分

この作家の更新小説