私は勇者様のはからいもあって、アルバート伯爵家の養女になった。それが、どうしてこうなったのだろう。ベッドの上で、勇者さまと、なぜか、激しい攻防を繰り広げている。
「どうして、どうして、ここにいるの? なぜ、こんなことするんですか!!」
 迫ってくる唇に抵抗しながら、私は叫んだ。
「なんでとは? 見て分からないのか、夜這いなのだが」
 魅了されてしまいそうな低いお声で、そんなことをおっしゃるのは、私の上に乗りかかっている男性、彼の名前は、エルネスト・アーベル。エルフな私に夜這いをかけようとする勇者さまだった。

ジャンル

ファンタジー

作家

眠れる森の猫

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

6,414

評価pt

0

最終更新日

2019年10月15日 19時29分

掲載日

2019年10月09日 23時32分

この作家の更新小説