これは、ヴィズダムと【彼】の物語です。

完全自己満足小説となっていますので
読む際はご注意ください。

*完全一次創作

ジャンル

ファンタジー

作家

甘酢すな

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

8,344

評価pt

0

最終更新日

2019年10月16日 19時57分

掲載日

2019年10月16日 19時56分

この作家の更新小説

  • ザプリェット @akt10

    世界樹を中心に回るこの世界の半分は、荒廃した地帯が広がり「無法地帯」と呼ばれていた。無法地帯の空気は汚染されておりまともな人間は近付かない。そんな中1人の少女と1人の殺人鬼が出会い殺人鬼は少女にナ...

  • 魔王は勇者でした。 甘酢すな

    城下町で薬屋をしていたセシリオは、王様からの手紙により勇者の剣を引く試験に参加する事になり、なんと抜いてしまった。そこから勇者とし魔王退治へと旅に出るが…?*・この物語は主人公を含む全てのキャラの成...

  • ロストワールド 甘酢すな

  • 神から祝福を受けなかった者たち 甘酢すな

    人類は、神から祝福され世に生まれ落ちる。祝福されし者は第六感ではなく第七感が存在し不思議な力を持つのだ。そして、誰もが第七感を持つ世界には第六感までしかない者が存在する。彼らは「神から祝福をされな...

  • 奉日本戦記 甘酢すな

    1582年6月21日、織田信長の家臣である明智光秀が早朝、本能寺にて謀反を起こした。本能寺は炎に呑まれ、織田信長は死んだとされていた。だが、焼け跡からは織田信長の遺体は発見されておらず、一部では逃げ延びて...

  • 神は嗤い、神を嗤う 甘酢すな

    神の実態が証明された遥か未来の話。身を隠すことをやめた神は、人を奴隷の様に扱い始めたのだ。神の気まぐれで全て変わっていった。そんな神と戦うことを決意した一人の男が反撃の狼煙を上げたのだ。しかし、そ...

  • 独り言の本音 甘酢すな

    これは、私個人の本音であり誰にも言えない独り言を載せている物となりますただただ…本音を呟くだけ。