ペチャパイの私が転生した。これは巨乳になるチャンスなのではないか!?


私はアサシン。
てんこ盛りおっぱいに憧れる、温泉大好きペチャパイアサシン。
私は拾われた先が暗殺者組織だったから……毎日毎日厳しい訓練してたんだ。
だから好きな温泉にも滅多に行けないし、ついてほしい胸の脂肪は消費されること消費されること……。
正直巨乳なんて、夢のまた夢……だと思ってた。

でも、ある日。
組織のブラックっぷりにキレて反逆し、ラスボスと刺し違えた後。
……転生しました。マジで。
これはチャ〜ンス♪
巨乳にいたるノウハウは研究済み! さあ、頑張っておっぱい育てて!

ビキニで胸ゆっさゆっさ揺らすんだ〜!

ええ? ビキニがない?
ならビキニアーマーがあるじゃないか!

この物語は。
巨乳とより良いビキニアーマーと温泉を求めて旅をする元アサシンの物語です。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

3,603,979

評価pt

2,497

最終更新日

2021年09月28日 10時14分

掲載日

2017年11月28日 22時49分

この作家の更新小説