世界の危機に王城に召喚されたのは高校に通う生徒、教員達だった。
魔族の「勇者」に対抗すべく召喚された彼らもまた「勇者」として扱われ、その称号に名前負けしないようなスキルが付与されていた。

そんな中、一人の生徒が森の中で目を覚ました。
彼の名前は名張 隼人(なばり はやと)だ。彼もまた召喚された勇者なのだが、どういうわけか城ではなく森の中へと放り出されてしまう。

「レバーアクションライフル……?」

彼はスキルで出現させた銃を手に、新たな世界での一歩を踏み出す。

※カクヨム、ノベルアップでも同時掲載しています。

ジャンル

ファンタジー

作家

てんねんはまち

キーワード
ブックマーク登録

22

文字数

71,377

評価pt

69

最終更新日

2020年01月15日 21時11分

掲載日

2019年12月05日 14時48分

この作家の更新小説