親友を交通事故で亡くした鈴原琴美は周囲の人に心配をかけないためにもバイトを始めようとする。

バイト先で親友とのまさかの再会。
しかも、驚くことにバイト内容は女神のお手伝いであった。

琴美は今までの日常と女神の使いとしての生活どちらを取るのか……


※ほとんど女神と女神の使いのゆったりとした仕事を見るだけです(嘘かもしれません)

ジャンル

ファンタジー

作家

照宮一咲

キーワード
ブックマーク登録

3

文字数

102,106

評価pt

12

最終更新日

2020年01月31日 23時04分

掲載日

2019年12月12日 14時30分

この作家の更新小説