品行方正に生きてきたつもりだったのに、なんの罰なのか妻子とともに、俺は殺された。
と思っていたら、間一髪で神の御使に救われた。
と思ったら、救えたのは俺だけだったとのこと。
と聞かされたが、条件付きで妻子を生き返らせる事が可能らしい。


その条件を達成するため、俺は元「娘の体」に憑依して、異世界とやらで「布教」と「侵略」をすることになった。正直突飛すぎて俺自身意味がわからないが、妻と娘のためならなんでもやってやる。

そう。品行方正である事で幸せになれなかったのだ。どんなことだって辞さないつもりだ。

ジャンル

文芸

作家

スノーマン

キーワード
ブックマーク登録

4

文字数

12,253

評価pt

8

最終更新日

2020年01月17日 00時08分

掲載日

2020年01月05日 02時08分

この作家の更新小説