映像撮影の現場には、とても多くの人間が関わっている。
監督、役者はもちろん、細かい仕事をするスタッフたちも撮影を支える重要な役どころだ。

助監督補佐見習い。
そんな雑用なのか本当に必要なのかどうなのか分からない役職につく男が一人。
けれども。彼は最も重要な役どころを担っている人物でもある。

彼は助演の女優と恋人関係にあった。
しかし、その関係性は徐々に捻れていく。主演女優の、奸計によって。

そして役者と裏方の恋愛物語は、やがて一つの終局を迎えることになる。

ジャンル

文芸

作家

三衣

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

9,604

評価pt

0

最終更新日

2020年01月14日 22時04分

掲載日

2020年01月14日 22時04分

この作家の更新小説

  • 夕日を背に、野は燃える 三衣 千月

    地元が嫌で、ただそこから抜け出したい一心で大学進学と共に上京した。けれど、うまく馴染めず、やりたいこともなく、ただあてどもなく街を見るだけの日々。ある日、吉祥寺駅から少し歩いたところに見つけた喫茶...