「姉ちゃん……俺が見えとんの?」
生まれつき幽霊が見える体質の日花(にちか)は、記憶喪失で迷子になっていた幽霊の男にそう話しかけられた。
彼の記憶を取り戻し成仏をさせてあげると約束してしまった日花は、お調子者で不躾なくせに寂しがり屋な幽霊と一緒に暮らすことになる。

小説家になろうに投稿していたものにR18の番外編を二話追加したものです。

文字数

62,267

評価pt

4,476

最終更新日

2020年01月14日 22時06分

掲載日

2019年04月26日 20時52分

この作家の更新小説