違法行為を働く神、通称違法神を狩る執行神は、今日も似たようなパターンにため息を吐く。
暇を持て余した神々は、違法と知りつつもブームである異世界転生と、地球へとダンジョン出現させる行為を繰り返すのだ。
「やれやれ、またこのパターンですか」
執行神は、今日も今日とてため息を吐きながら違法神を狩り続ける。

ジャンル

ファンタジー

作家

鈴本

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

2,427

評価pt

0

最終更新日

2020年01月14日 22時09分

掲載日

2020年01月14日 22時09分

この作家の更新小説