悲劇は夏休みの三日前に起こった。

小森紅葉は「ながらスマホ」のせいで、夏休みの間一人で生活することになってしまう。
その事実に、動揺しすぎてスマホを割ってしまった。

両親、親戚、友達の連絡先はスマホの中でわからない。
家中を漁り、見つけたお金は12250円。
この金額で夏休みの間、生き残ることは不可能。

バイトをしようと決意した紅葉は「スーパーコピーニ」を選んだ。
家事能力一切なしの紅葉と、なぜか家事が出来る「王子」新見真咲とのアルバイト生活。

誤発注を繰り返す通称「貧乏神」の店長。
店長に振り回され、神経質で病弱な副店長。
男女で態度が違う事務員に、化粧がケバイ魚屋さん。

紅葉は無事にお金を稼げるのか。

ジャンル

文芸

作家

在原小与

キーワード
ブックマーク登録

6

文字数

22,042

評価pt

0

最終更新日

2020年01月19日 21時54分

掲載日

2020年01月14日 22時13分

この作家の更新小説