守神。死んでしまった人間が神様によって現代に送られ、人間達を怪異などから守る仕事を与えられた者達の事である。

月沢冷青は見習いの守神。守神である白鷺秋飛の元で相棒として日々過ごしている。

これはそんな二人が成長していく物語。

ジャンル

ファンタジー

作家

如月雪人

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

15,617

評価pt

0

最終更新日

2020年02月17日 20時46分

掲載日

2020年01月14日 22時10分

この作家の更新小説

  • 殺人鬼と夜の星空 如月雪人

    ごく普通の高校生、漣零夜が暮らす街には"殺人鬼"が出る。殺人鬼達は、無差別に人を殺して回っている。彼らは人間ではない。ただ、殺人鬼達は皆悲しい過去を持っている。そんな殺人鬼の一人、桐谷ユズルは漣零...

  • スノウ・ムーン 如月雪人

    ーーおめでとうございます、貴方はゲームに参加していただく事ができますーー俺とあいつに届いた一通の手紙。それが死のゲームの始まりだった。 ある日、黒山北斗《くろやまほくと》は差出人不明の一通の手紙を...