五年前、リアルの社会システムをゲームの管理AIが乗っ取った。

それから、人々はリアルで使うお金をゲームで稼がなければいけなくなる。
その上、そのゲームはふざけた設定と奔放な管理AIに振り回されるクソゲーだった。

ある者は元の世界を取り戻すため、

ある者は生活費を稼ぐため、

ある者は純粋にゲームを楽しむために、

様々な思惑を持って人々はゲームへと挑んでいく。     


※この作品は『カクヨム』、『ノベルアップ+』にも掲載しております

文字数

100,175

評価pt

351

最終更新日

2020年04月02日 19時10分

掲載日

2020年01月26日 15時09分

この作家の更新小説