交換ノートの相手とは……。
校内一の有名人が想いを向ける先には……。
秀才が持つ、思いもよらない秘密とは……。
そして、奇人たちに訪れた恋のゆくえは……。
四子玉学園図書室にわきあがる、オカルト的事件の連続―――。
はたして書籍管理委員会の面々は、見事解決への光明を見出せるのか!?

あってもなくても構わない委員会に、燃えたぎる若き血潮をひたむきに(?)そそぎ込む奇人たち。そんな彼らの、これは一大青春叙事詩である。

ジャンル

ファンタジー

作家

tonop

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

13,139

評価pt

0

最終更新日

2020年02月17日 19時35分

掲載日

2020年02月14日 17時31分

この作家の更新小説