並行世界を現実にできる『想いの力』がある世界。今も世界は分岐し、無数の並行世界が創られている。『想いの力』はその世界の一部を召喚する力であった。全ては、完全な世界を手に入れるために。誰も死なず、悲しまず、苦しまない完全な世界を目指す少女の物語。

そして、少女は見知らぬ花畑で目が覚めた。少女の記憶のない、無限に続く、悠久から続いた花畑で少女の物語が始まったのだった。

文字数

114,086

評価pt

146

最終更新日

2020年07月16日 20時33分

掲載日

2020年02月14日 17時38分

この作家の更新小説

  • 死生観 甘井可得

    昼休憩に屋上にでた青年は死生観について語り出す。

  • 黄金に輝く一輪の花 あまいかえる

    ※投稿作品『一輪の花~(略)~』https://ncode.syosetu.com/n5390ga/の書き直し版です。上書きして置換しようと思いましたが思いれがありすぎて消せませんでした。文章が違いすぎて互換がとれなかった理由もあり...

  • 黄金に輝く一輪の花 あまいかえる

    ※この作品は投稿作品『一輪の花~(略)~』 https://ncode.syosetu.com/n5390ga/ の書き直し版になります。並行世界を現実にできる『想いの力』がある世界。今も世界は分岐し、無数の並行世界が創られている。...

  • 終電 雨井蛙

    ブラック企業に勤める会社員|原田圭介《はらだけいすけ》はいつものように終電に乗った。同僚に「お前は早死にする」と念おさせたばかりだが、8時出社23時退勤の社畜生活である。今日の終電はやけに少なく、...

  • それでも川は流れていた 雨井蛙

    人生という川に流れされていたある人の話。

  • 龍の指輪の物語【短編版】 雨井蛙

    人類がまだ石器を使っていた頃。人々は、皮の衣をまとい、火をおこして夜を過ごしていた。言葉はなく、鳴き声に近い声を発しながら、偶然できた酒を飲み交わしていた。月明かりに慣れてきたころ、人々は空を見上...

    R15