ぽっちゃりOLのわたし、安井春奈30歳。
長年務める会社で、順風満帆な日々を送っていた。
しかし、本社からきた所長に嫌われ、肩たたきをされる。

だが、とんとん拍子で結婚が決まり、所長の鼻をあかしたつもりだった。
それなのに結婚退職する日、会社で異変が……。

荒野にポツンとわたし。
謎の集団があらわれ、王子と呼ばれる人に殺されかけて……。

いったい、ぜんたい、なんなの――!!!


※もうひとりの聖女 菊池愛子視点から、ダークファンタジー色が濃くなります。




ジャンル

ファンタジー

作家

満っタ 純子

キーワード
ブックマーク登録

33

文字数

109,674

評価pt

35,378

最終更新日

2021年01月15日 21時01分

掲載日

2020年04月01日 00時02分

この作家の更新小説