各国に【剣鬼】の名で畏れられる少年タガネ。
 剣の達人と言われ、各国からの剣術指南官や勇者パーティーからの勧誘さえも固辞して傭兵のまま旅をしていた。
 裏切られた過去から人を信用できず、異名のせいもあって定住すらできない。

 そんな彼が定住先を求めて放浪する中で、少しずつ後世にまで慕われる【剣聖】となっていく話。

///十話程度で一つの話となっています。

文字数

765,537

評価pt

3,352

最終更新日

2020年10月30日 07時05分

掲載日

2020年04月30日 03時54分

この作家の更新小説