5/22の『探偵の日』用に書いた短編になります。
本編『処刑されることが仮確定している悪役令嬢に転生してしまったので、フラグ回避のため名探偵を演じます』の一章と二章の間の話になります。
本編を読んでいなくても分かるようになっているので、本編未読の方もぜひお読みください!

【本編あらすじ】
八歳になった公爵令嬢ユーフェミア・グランツハイムは王宮の園遊会に参加した。
そこで転んだ拍子に頭を打ち付け、後頭部にハゲをこしらえる!
が……悲劇はそれだけに終わらず、唐突に前世の記憶を思い出した。

実はユーフェミアは乙女ゲームの登場人物であり、将来的に処刑される予定の悪役令嬢だったのだ!

どうしよう、どうしたらいい!?
若くして死んだ上に処刑なんて、そんな運命絶対に嫌!!!

と、焦りまくるが時すでに遅し。
死亡フラグ(第二王子ジルベルト)がユーフェミアを尋ねてきていた。
後頭部にハゲを作ってしまった責任を取り、婚約するというのだ。

だが、この婚約こそがユーフェミアの死亡フラグの始まりだった!

こうなったらもう、死亡フラグの起点となる、あの事件を解決するしかない!?
こうしてユーフェミアは、ゲームプレイ時の記憶を頼りに名探偵を演じるのだった。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

はなぶさ しゅう

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

7,824

評価pt

0

最終更新日

2020年05月24日 14時54分

掲載日

2020年05月24日 14時54分

この作家の更新小説