【書籍化作品。『いずみノベルズ』より①②巻が好評発売中です】

 俺は、たしかに死んだはずだった。

 現代世界で事故に巻き込まれて死亡した乙葉浩介は、異世界転生の権利を得た。
 一通りの説明を受け、転生のための設定を終え、希望の加護も貰いいざ異世界に旅立つところで、実は間違いでしたので生き返ってもらいますと女神に言われてしまう。
 そのまま急ぎ現実世界に戻されてしまったのだが、貰った加護は全て残ったまま。
 俺の貰った加護は、『異世界のアイテムを売買できる、ネットショップ』のスキル。
 それは現実世界に戻ってきても、確かに残っていた。
 現代世界で、『異世界のアイテムを売買できる』というネットショップのスキルとして。

 そんな彼が織りなす、現代ドタバタファンタジーの開幕でございます。

定期更新:毎週火曜日、金曜日、日曜日の午前10時

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

1,118,356

評価pt

32,410

最終更新日

2021年09月28日 10時00分

掲載日

2020年05月28日 10時00分

この作家の更新小説