平凡な村人であったユリウスは8歳の誕生日を迎えたその日、奇妙な夢を見た。それは、自分とは異なる生を歩んだ1人の剣士の生涯。空に煌めく星をいつか斬ってみたいと願い、愚直なまでに剣を振り続けた剣士の軌跡であった。

これは、とある世界で『剣鬼』と呼ばれ恐れ慄かれた男の記憶を受け継いだ剣士の物語。

『———おれは、星を斬りたいんだよ』

ジャンル

ファンタジー

作家

アルト/遥月

キーワード
ブックマーク登録

20,630

文字数

214,316

評価pt

83,400

最終更新日

2020年12月25日 16時42分

掲載日

2020年05月29日 09時56分

この作家の更新小説