小さい時から冒険者になりたかったラベルは努力を続けたが戦闘系スキルを取得できなかった為冒険者に成れなかった。
 仕方なく|荷物持ち《ポーター》として冒険者に付き添い、何十年とダンジョンに潜りつづけた。

 全ては冒険者になる為で、おっさんと呼ばれる歳となった今でも冒険者になる事を諦めてはいなかった。

 そんな時、パーティーメンバーだった仲間の裏切りに合い、ラベルはギルドから追放された。
 更に嫌がらせは続き、全ての冒険者からも相手にされない様に仕組まれてしまう。

 途方に暮れるラベル。
 そんな時、幾つものパーティーから捨てられ続けたリオンと言う少女に出会う。
 ラベルはリオンに声をかけ、二人でダンジョンに潜る事となった。
 そこでラベルはリオンの本当の力を知る。

 ラベルの方も確かに戦闘系スキルを一つとして覚えていなかった。
 しかし実は超レアでとんでもない効果を持つ補助系スキルを覚えていたのだった。

 二人でダンジョンを攻略した後、信頼できる仲間を増やしたり、ギルドを作ったりラベルは新しい道を歩いていく。
 
 その後、偶然にもラベルは念願の攻撃系スキルを獲得する事となる。
 そしてスキルを手に入れた事により、虐げられていたサポータが最強の冒険者へと成り上がっていく。

 一方ラベルを捨てたギルドは、ラベルと言う大きな土台を失い、急速に失墜していく事になる。
 後になってラベルの力に気づき、戻って来てくれと泣き縋ったりもするのだが、ラベルからは見向きもされない。


【6.18・6.26(返り咲き)日間総合ランキング1位、6.22・7.1(返り咲き)週間総合ランキング1位】
ありがとうございます。

文字数

103,582

評価pt

76,868

最終更新日

2020年07月02日 17時41分

掲載日

2020年06月11日 00時00分

この作家の更新小説