舞台は古代ギリシャ。太陽神アポロンと、スパルタの国の王子ヒュアキントスは、円盤投げをして遊んでいた。ところが、アポロンの投げた円盤が頭に当たり、ヒュアキントスは亡くなってしまう。
 それから三年、王子を殺されたスパルタの国は、アポロンの治めるデルポイの地に挙兵していた。スパルタとデルポイの戦いを鎮めるため、神々はヒュアキントスを甦らせ、両国の守護神にしようと計画する。
 しかし、人間を神にするネクタルという酒は、まだ少年であるヒュアキントスには危険な飲み物。ヒュアキントスを生き返らせたものの、生身の人間の少年から神に変えることを、アポロンは彼に打ち明けられずにいた・・・・・

 ハッピーエンドです。
 男神×人間の少年(のちに少年神)

 登場人物の視点が様々です。回想シーン以外はナレーターがいると思ってください。
 ナレーターを務めますのは、わたくしの専属アシスタントの、白い子ぐまのマイケルくんです。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

BL

作家

崎みさき

キーワード
ブックマーク登録

8

文字数

78,498

評価pt

12,366

最終更新日

2021年06月19日 15時10分

掲載日

2020年06月24日 14時42分

この作家の更新小説