※ 追記: 2018/6/7 番外編 投稿始めました。


家庭の理由上、東京にある国営のアパートに独り暮らしをしている、小学6年生の少女、沢城彩陽。

 彩陽はコンビニで公共料金の支払いを追えた後、アパートの自分の部屋の前で待っている友達と遊ぶことになったのだが、帰路の途中………路地裏に不思議な黒い浮遊する物体を発見する。

 興味本位で近付き、触れてしまった彩陽。

 触れたことで、黒い物体の様子が変わり、そして″謎の男の声″まで聞こえたのだ。
 焦る彩陽に構うことなく、その声は″とある場所″へと導くこととなる。

 ーーーーそこは、ヴァルドヘイム。エルフ達が住む異世界であった。



文字数

2,860,291

評価pt

1,673

最終更新日

2019年03月03日 19時42分

掲載日

2017年11月11日 18時28分

この作家の更新小説