主人公のマリアは王太子フリードに婚約破棄を告げられる。

しかも新たな婚約者は妹のロゼ。

誰が見てもそれは陥れられた物である事は明らかだった。

だが、敢えて反論もせずにそのまま受け入れる。

それはマリアにとって実に幸せな事だったからだ。

さっさと婚約破棄を成立させて「聖女」の地位も妹に押し付け国を出て行く事にした。

何故そうしたのか?
それはマリアにとって聖女はなりたくないものだから

自由になったマリアに対して、妹ロゼと王太子は....

他にはちょっと無い「聖女」「婚約破棄」を書いてみました。

恋愛パートが無いと言う話があったので ファンタジーにカテゴリ変更しました。

ジャンル

ファンタジー

作家

石のやっさん

キーワード
ブックマーク登録

4,789

文字数

136,818

評価pt

3,743,446

最終更新日

2020年12月15日 03時49分

掲載日

2020年06月27日 12時48分

この作家の更新小説