私はテティス・キルケー。

夫アシュレッド・キルケーとは先日結婚したばかり。

社交界でも地味で目立たなかった私に突然舞い込んだ縁談。
相手は王宮で働く政務官の中でも出世頭と言われるキルケー公爵令息。

あれよあれよという間に結婚式は執り行われ二人は夫婦に。

真面目で堅物な夫に大切にされて幸せな日々。

そんな中、夫の出張中に夫の初恋の君が公爵邸を訪ねてきた。

ジャンル

恋愛

作家

キーワード
ブックマーク登録

6,210

文字数

25,814

評価pt

1,135,225

最終更新日

2020年07月04日 19時52分

掲載日

2020年06月27日 15時16分

この作家の更新小説