平々凡々に毎日を過ごしている清仁は、交通事故を目撃してしまう。被害者がたまたま目の前を歩いていた高校生でショックを隠せなかったが、野次馬になるのも嫌でその場を離れようとする。その時話しかけられ振り向くと、そこにはたった今事故に遭った高校生が立っていた。
 一方、車に撥ねられた大野夕貴は自分が死んだことに驚きはしたものの、何故かすぐに事実を受け入れ、自分のことが視える清仁に成仏する手伝いを頼む。そんな中、死神だというサラという人物が現れて――?
 幽霊と生者、住まう世界の違う者たちの友情、夕貴の成長と、解決したと思ったら今度は何やらおかしなことに巻き込まれる物語
 あの世とこの世を結ぶ手伝いってなんですか??

ジャンル

文芸

作家

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

22,684

評価pt

3,903

最終更新日

2020年07月12日 09時32分

掲載日

2020年06月28日 13時49分

この作家の更新小説