不慮の事故(死神の手違い)で命を落としてしまった日本人・御厨 蓮(みくりや れん)は、間違えて死んでしまったお詫びにチートスキルを与えられ、ロートス・アルバレスとして異世界に転生する。

「目立つとろくなことがない。絶対に目立たず生きていくぞ」

生前、目立っていたことで死神に間違えられ死ぬことになってしまった経験から、異世界では決して目立たないことを決意するロートス。

十三歳の誕生日に行われた「鑑定の儀」で、クソスキルを与えられたロートスは、最弱劣等職「無職」となる。

そうなると、両親に将来を心配され、半ば強制的に魔法学園へ入学させられてしまう。

魔法学園のある王都ブランドンに向かう途中で、捨て売りされていた奴隷少女サラを購入したロートスは、とにかく目立たない平穏な学園生活を願うのだった……。


※『小説家になろう』でも掲載しています。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

朝食ダンゴ

キーワード
ブックマーク登録

771

文字数

653,091

評価pt

631,671

最終更新日

2021年09月28日 17時35分

掲載日

2020年07月29日 17時38分

この作家の更新小説