共に孤児院で育った幼馴染みのジオが勇者になった。
 みごと魔王を倒して帰還したジオは、貴族の仲間入りをして王女さまと結婚するのだという。
 高齢だった前院長が死んでからというもの孤児院を切り盛りしていた俺は、今後のジオの友人として相応しくない人物と判断されたらしい。
 王女さまは俺に金貨を差し出して言った。

 「ジオとは二度と会わないと約束してくれるわね?」

◆KADOKAWAルビーコレクションさまより書籍化します。来月2021/7/1発売予定です。詳細は後ほど活動報告や作者のTwitterアカウントでもお知らせしますのでご興味のある方はお気軽にのぞいてみてください。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

BL

作家

海老エビ子

ブックマーク登録

13,835

文字数

120,276

評価pt

68,362

最終更新日

2021年06月05日 06時00分

掲載日

2020年08月01日 06時00分

この作家の更新小説