三条和希(さんじょうかずき)、19歳。
京都の旧帝国大学に通う彼女は、ある理由から過去を隠し、女だが最強という噂に煽られて挑んでくる男たちを返り討ちにする日々を送っていた。
大学が入学式を迎えた四月、彼女はある新入生の世話係を任される。ごく普通のメガネで地味な新入生、今井慶史。
『先輩』として慣れない試行錯誤を始めた和希だったが、そこに、10年前に和希からすべてを奪った敵が再び現れた。
実戦に身を投じていく格闘女子と一応先輩を止めようとしながら巻き込まれていく後輩男子の、日常リアルファイトサバイバル。

※元々mixi・エブリスタで別タイトルで掲載しましたが(いずれも削除済み)、なろうで手直し加筆修正したこの形が完成形です。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

文芸

作家

真曽木トウル(ぶち)

キーワード
ブックマーク登録

10

文字数

209,324

評価pt

35

最終更新日

2019年05月11日 08時00分

掲載日

2018年04月21日 18時23分

この作家の更新小説