【毎週、月曜と土曜の昼12時に更新中です】

騎士学園に通う少年、ミゼル・バレッタ。
両親と姉を犯罪組織に殺された過去を持つミゼルは『正義の味方』を目指している。
ある日、通り魔に襲われた彼は、死の女神に出会い、十三の神器を授かった。

超絶殺傷能力を誇る『死を振り撒く神の槌』。
身体能力を数十倍にアップさせる『死神の黒衣』。
悪人をもれなく探知する『審判の魔眼』──など。

その力で、ミゼルは正義の戦いを始める。
悪を皆殺しにするという、苛烈な正義を──。

※一部ヒロイン(全員ではないです)への暴力的な性描写等があります。苦手な方はブラバお願いします。
※この作品の18禁シーン補完バージョンをノクターンノベルズに掲載中です(天草白名義)。URLを張っていいのか分からないため、18歳以上で気になる方は同タイトルでググってくださいませ。

ジャンル

ファンタジー

作家

六志麻あさ

キーワード
ブックマーク登録

1,663

文字数

97,092

評価pt

497

最終更新日

2020年12月01日 12時00分

掲載日

2020年08月12日 06時51分

この作家の更新小説