石田欣二(いしだきんじ)は冴えない内気な高校生。
学校からの帰り道にて、神の使いの不祥事により、突然の事故で命を落としてしまった。

神様から転生の機会を与えられ、どのような生き物にでも、どのような世界のでも転生できると告げられる。
人間関係に苦手意識を持っていた石田は、誰とも関わらずに過ごせるよう、石になって異世界で生きたいと神様に願う。

ジャンル

ファンタジー

作家

最中杏湖

キーワード
ブックマーク登録

60

文字数

94,539

評価pt

218

最終更新日

2021年01月20日 04時36分

掲載日

2020年08月13日 16時30分

この作家の更新小説