神・天使・悪魔・妖精・怪異――ヒトならざるモノは科学の発展とともに存在を失い始めていた。けれど、その運命にあらがうべく己の存在を意識づけようと日々を過ごす〈願いを叶える〉というリトアニアの概念である〈アイトワラス〉のネクロマンサー〈蛇穴典雅〉は日本で願望を叶え、記憶を刻むことで消滅からまぬがれていた。ある日、夏の日のこと。新たな〈願いを叶える〉という都市伝説が生まれたと聞いて――?

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

蛇穴典雅

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

11,483

評価pt

0

最終更新日

2020年08月29日 22時45分

掲載日

2020年08月29日 22時34分

この作家の更新小説