悪魔使い――、魔界に住まう人智を越えた異能を扱う悪魔と契約し、その力を自分のものとして使う人間。
一度、悪魔と契約してしまえば、死ぬまで契約の解除をすることはできず、一生を悪魔使いとして生きていくしかない。そして、契約者である人間が死んだとき、契約は果たされ、悪魔はその魂を喰らう。

式上荊は悪魔使いである。
複数の悪魔と契約する荊は“死神”と呼ばれ、絶対強者として裏社会に生きていた。しかし、とある事情から、所属する組織に制御不能と判断されて処刑対象になってしまう。
悪魔の力で死なない荊は組織の手に負えず、生きたまま異世界へと追放され、元の世界から存在を抹殺されてしまった。

異世界に飛ばされた荊は、呪われた島と噂される孤島へと落とされる。彼はそこで生贄として捧げられた少女アイリスと運命的な出会いを果たす。
生きる目的を失った荊は、同じく生きる目的を失っているアイリスとともに、幸せになるために生きていくことを決めた。
二人はギルドに所属し、一筋縄ではいかない依頼を解決すべく、悪魔たちとともに世界を駆け回る。


*****
第1部 死神は異世界に追放される
死神と呼ばれた悪魔使いは、呪われた孤島で死神の生贄になった不運の少女と出会う。
生贄少女を助けたり、ギルドと騎士団の因縁に巻き込まれたり、世界を渡る秘密を探しながら、生きる意味を見つける。

第2部 死神は呪われたお伽話を紐解く
死神の呪いで眠り姫となった少女を巡り、死神は騎士と呪術師とともに奔走する。
明るみになった真実は、血と呪いに塗れた凄惨な物語だった。

第3部 死神と勇者と魔王と聖女
死神は魔王討伐の旅をする勇者一行と遭遇する。
勇者を名乗る男は元の世界で死神が半殺しにした男であり、お供の聖女は生贄の妹だった。国を上げた豊穣祭のさなか、魔王の息子も現れ、平穏は脅かされる。

第4部 死神は神竜の国で息を潜める
死神は生贄とともに神竜と共存する雪国へと逃げ込む。
二人は仮初の平和を手にしたかと思いきや、亡国を招く禍と王権争いに巻き込まれてしまう。そこで耳にしたのは死神が兄と慕った人の名前だった。

*第三部完結しました。
*カクヨム様にも掲載しています。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

736,221

評価pt

952

最終更新日

2021年09月28日 09時00分

掲載日

2020年09月01日 19時00分

この作家の更新小説