小林彬雄は、化粧品会社に入社して札幌に赴任した。仕事と恋愛、男と女の物語です。
お互いが愛し合っていても結婚できなくなる二人---28歳で課長職になり、年収1000万円になり、失恋を繰り返していたが結婚することができた。その喜怒哀楽のものがたりです。

ジャンル

その他

作家

瀬戸源氏

ブックマーク登録

0

文字数

7,185

評価pt

0

最終更新日

2020年09月17日 08時44分

掲載日

2020年09月13日 10時52分

この作家の更新小説