その日はとても疲れていた。だから主人公、飯田絵里子は非常識な現実に足を踏み入れてしまう。

閉じ込められたダンジョンで思い浮かぶ家族のため、自分の現実を取り戻すため、なりふり構うことなくダンジョンを進む。
 「君、気に入ったから巫女ね」「は? もういい歳やけど?」
家族を巻き込んで国を巻き込んで、星が変貌していく中、主人公はいつもと変わらない日常のため、今日もお飾りの巫女となるのです。

※主人公など関西弁です、関西=の土地ではないため地方関西弁とお思いください。
※また、巫女まで長いです。
※スカッと系ではありません、主人公はただの中年です。ご容赦下さい。
※作者なろう投稿初のため、拙いところもありますがお許しいただける方よろしくお願いします。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

けー

キーワード
ブックマーク登録

286

文字数

1,810,750

評価pt

1,308

最終更新日

2021年06月11日 19時00分

掲載日

2020年09月16日 02時54分

この作家の更新小説